2006年4月2日(日)開演/13:00 
「父帰る/屋上の狂人」

席: F列18番・19番


シアタートラム パンフとチケット!


主催のシス・カンパニーさんが募集していた親子招待に当選して行ってきました。
4/2(日)は13:00、15:00、18:00の3回公演があって、13:00と15:00が親子招待の貸切でした。
私は父と13:00の回を観劇してきました。拙いですがレポートしたいと思います。
会場は東京・三軒茶屋にあるシアタートラム。200人ほどしか入れない小劇場です。
本当に役者さんの息遣いまで聞こえてきそうなほど舞台と客席が近かったです。
受付開始の12:30過ぎに到着すると会場前はすでに受付を待っている方が沢山!
「開場に間に合うのかな?」と不安に思いました。
でも、意外と早く進み5分くらいで開場前にたどり着けました。
入口の「NHKの取材カメラが入ります」の張り紙にちょっとドキドキしつつ(笑)
場内のロビーに入ると当選ハガキの整理番号順に3箇所に分かれて受付していました。
ロビーではパンフレットが700円で販売されていました(小さい可愛いサイズです)
パンフを購入後、当選ハガキと引き換えにチケットをもらい、いよいよ場内へ。。
「F列かぁ・・」なんてつぶやいたものの全然分からず案内係の方に教えてもらいました。
そしたら私達の席は舞台正面から向かって右側の前から5列目でした。
薄暗い舞台上には既にセットが・・・。しかも舞台と席が近い・・・。
入った頃にはもう既に10分前だったので次第に緊張が高まってきました・・・。
・・・・・・そして遂に舞台上が明るくなり・・遂にスタートです・・。


父帰る/屋上の狂人本編レポート


レポは本当に拙かったと思いますが私の心にはすごく染みました。
休憩を挟んで1時間ほどでしたが本当に濃い時間を過ごすことが出来ました。
2作品は両極端の物語で、役者さん達は切り替えが大変そうですけど
本当に心から楽しんで演じているのが伝わってくる素敵な舞台でした。
素敵な企画を作ってくださったシスカンパニーさんに感謝します。



「父帰る」「屋上の狂人」共にネットで原作を読むことができます。
yahooなどで「菊池寛」で検索してみてください。



* ブラウザの「×」で閉じてください。
拙い文章を読んでくださってありがとうございました。